灰燼 から上る

41 5 2

気持ちまるで すべてが変わった.まるで 焦げ、周りに渡さ そして 灰皿 に落下, 最終的に報われました。
あきらめたいですたら でも どん底 輝く. それはそれはのように感じたものです. 蘇り.

彼は玄関の呼び鈴が鳴りました、そして彼女は扉を 開けた.彼女は 幸福なだった 安堵、彼の顔 を見て.その瞬間には、彼女が死んでしまいます、彼女は思きました. 彼女は幸せだったので. 気持ちが 灰殻 から上昇の.

"あなたは きた?"、彼女が 訊いた.
"僕の財布を収集します. 忘れていた ここで." 彼は 答えた.

彼は財布を収集し そして 行った. 壊れた彼女はドアのところに立っていた間. 彼女 彼女自身の 考えた.
灰殻. それは彼女がしたものです.

灰燼 から上るRead this story for FREE!